忍者ブログ
http://osumai.blog.shinobi.jp/
まちの設計屋さんが、すまいのなかで気づいたこと、そして雑談なんかをを毎日、自由きままに描いてます。
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の続きです。



さて、放送研究会のクラブ員10名以上が一瞬ではまってしまったもの。

なんだと、思いますか?
















えっ、「もったいぶんなよ~」ですか・・・!
はい、わかりました。










実は、クラブ員そろって、舞台演出の参考になるからと、巡業に廻っていた、劇団四季のミュージカルを見に行こうということになったのです。
(もう、25年近くまえになるのですが。)

で、観にいったのは、「ウエストサイドストーリー」。そう、ジョージ・チャキリスやナタリー・ウッドが出ていた、「ロミオとジュリエット」のNY現代版にアレンジされた映画のミュージカル版でした。

当時、ミュージカルとは、子供が見るもの、そして、劇団四季なんてそれほどメジャーじゃない頃、(すみません、私の認識の範囲内でです。)でして
「なんで、そんなミュージカルが、舞台演出の参考になるんだよ?」
と一人思ってました。


で、観てみてびっくり!
今まで、コンサートやショウや演劇のアルバイトをしてきて、
客席から見える「ホリゾント幕」(景色や雲などを映す舞台後にある幕)を全部取り去り、ロープや箱足がそのまま見えるところに、金網のネットフェンスで区切れば、ニューヨークの高架下のあのやばそうな雰囲気に早代わりしてんじゃありませんか。。。。


正直、この演出には、みんな、度肝を抜かれました。

で、出演者は、「それほど知っている人もいないし、鹿賀丈史の出身地なのに、本人が来ないんじゃなー」などと、あまーーーく、思っていたのですが、
その歌唱力や演技力には圧倒されてしまいました。。
特に、トゥナイト・クインテッドのシーンは、稲妻が体中をはしりました。(トゥナイト・アメリカ・ジェットソングなどが重なるあのシーンの事です。)
で、その時のキャストはこのメンバーだったのでした。
リフ:飯野おさみ トニー:山口祐一郎 マリア:久野綾希子 アニタ:前田美波里 という構成。
(これだけ年月が経っても覚えているくらい鮮烈だったんですね、きっと。)

で、観終ったメンバーの感想。 「すごかった。」(一同これ以上の言葉を言いたいんだけど出ない。)
これじゃ、みんなはまる理由、わかっていただけました?

その後、巡業に来るたびにみんなで見に行きましたし、当時新宿にできた「キャッツシアター」にも見に行ってきましたよ。 (当然、タガーが山口さんのヤツね。)

おかげで、今でもミュージカルにははまってます、私。


で、そのはまっていったミュージカルの話は、おいを見て順にお話しますね。。


PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
MAIL
URL
PASS
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
 
#カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
#最新コメント
[01/24 さなっち]
[09/01 さなっち]
[07/30 kazz]
#最新トラックバック
#プロフィール
HN:
ガウ兄(にぃ)
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
山梨での「すまい」を日々考えている建築設計事務所です。
事務所を開設してからはや20年あまり。
おかげさまで、いろいろな所にアブラがのって来ました。(笑)
こちらでは、いらないアブラではなく、使える「知恵」をお話していこうと思ってます。

#バーコード
#ブログ内検索
#カウンター
#アクセス解析
#お天気情報
#忍者ポイント広告
#フリーエリア
#フリーエリア
#フリーエリア
#フリーエリア
 
忍者ブログ | [PR]
"ガウ兄(にぃ)" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY INC.