忍者ブログ
http://osumai.blog.shinobi.jp/
まちの設計屋さんが、すまいのなかで気づいたこと、そして雑談なんかをを毎日、自由きままに描いてます。
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は「お彼岸」。
昔から、「暑さ寒さも彼岸まで」とは言われますが、少しはこの暑さも引くのですかね~。

で、視覚からでも涼を感じられるこんな催しものはいかがでしょうか。
日本橋のコレド室町で開催されているアクアリウム展、 ↓
kin3.JPG
以前六本木ヒルズでも同様な企画展が開催されていましたが、より大きな水槽が加わり、今回も見ごたえがあります。
この水槽は「花魁」という題がつけられていたと思いましたが、名前の通り優雅が感じじゃないですかね。。

展内は、フラッシュさえたかなければ写真撮影OKですので、移り変わるこんな写真も撮れます。


どうですか?
kin1.JPGkin2.JPG
 
PR
何百年も経過した オランダ絵画も心洗われましたけど、

アクリル絵具でカラフルに描かれた、ジミー大西の絵画展にも、感銘しちゃいました。
先週まで銀座三越にて開催されていた、 ↓

http://yoshimotonews.laff.jp/news/2012/09/post-b235.html

こちら。

中でも 1番感銘したのは、大阪ガスのタンカーに描かれた「春夏秋冬」の作品。
水にちなんだ、魚・カニ・エビ・亀の姿の中に、それぞれ「春」「夏」「秋」「冬」の関連した物が描かれているのですが、
近くに寄って探しているだけでもワクワクしてくる作品になっています。
(ご覧になりたい方は、是非検索してみてくださいね。)

間近で見ると、あまりの完成度で度肝を抜かれますよ。。
ブログも溜めると、「これも」「あれも」書かなくっちゃ・・・の筈が、その話題すら忘却の彼方に消え去ってしまう歳になりつつある私です。

なので、季節に相応しい話題からいくつかあげていきたいと思います。

ところで、昨日までの開催だった、マウリッツハイス美術館展ご覧になられました?
       こちら   ↓
fe1.JPG
この旗をご覧になると、「あ~、アレね、あの絵。」ってご理解いただけましたでしょうか。


上野では、ツタンカーメンも同時に開催されてましたので、駅から美術館に向かう方々の多いこと多いこと。

当然、動物園前で二手に分かれても、人の波は減ることなく延々と美術館まで続くのでした。
(待ち時間と、中での混雑はご想像にお任せします。)

が、やはり、美しいものはその時間を忘れさせるものです。
人の頭がいくら邪魔しようが、押し出されるように人の波に揉まれようが、美しいものは美しい。
皆この一瞬の記憶のために、時間を割いているわけですから、時間軸が何回転もしようが、この引き付ける魅力は相当なものだと思います。

ちなみにこちらだけは、しっかり写真に撮ることができました。。

fe3.JPG
その時の衣装が・・・、
fe2.JPG
 
こんにちは。

建築関連の話ばかり続いたので、今日は「お箸休め」で、小休止的話題で。


よく「男性なのに・・・。」と言われますが、私は観劇、特にミュージカルが大好きです。
中でも ファントム・オブ・ジ・オペラ、そう「オペラ座の怪人」はダントツといっても良いほどの“お気に入り”なのです。

携帯の着信音も“オーバーチュア”(オペラ座の怪人のオープニングのテーマ)にしており、
マナーモードにし忘れた打ち合わせ時に電話がかかってきたりすると、場を和ませたりしまう時もあり、時に自身でさえ赤面してしまうことすらあります。。

さて、本題ですが、このミュージカルもウエストエンドで初演されてから既に25年経ち、
特別公演が、ロイヤルアルバートホールにて開催されました。
その模様は全国に同時公開された後、映画でも公演されていました。
又、ワウワウでも先月公開されてましたが、ことごとくタイミングをはずした私の残す術は・・・

              ↓

そう、DVDでの鑑賞。これのみに尽きるわけです。

と言うコトで、先日注文したDVDがやっと手元に届きました。
未だ開封も鑑賞もしていないので詳しくはブログにもかけれませんけど、
amazonでのコメントを読むだけで期待値が120%まで高まってしまっており、
どんなシチュエーションを創りながら観ようかワクワクしまくっているところです。

ちなみに紹介ページは 「こちら」 。
ここの所、「本」の話ばかり書いていましたが、
たまには 誰でも楽しめる「映画」のお話をしたいと思います。

ところで、貴方は最近 ご覧になった映画ってどんなのでした?

考えさせられる映画、泣いちゃう映画、、、、、いろんなジャンルがありますが、
私的には、何にも考えずに喜怒哀楽が一緒に味わえる王道的なハリウッド映画が大好きです。

その中でも、やはり今シーズンは、これ。リアル・スティール これに尽きると思います。

ざっとストーリーをお話しますと、離婚で離れ離れになっていた駄目オヤジを、本来自身がもつ輝きを息子が呼覚ます、サクセスストーリーでしょうか、近代版「ロッキー」のような映画です。

良い歳した私でも、ちょっとした隙に目頭を熱くさせられている辺り、やはり、誰でもスッと引き込ませるハリウッド映画の典型的韻を踏んでいます。

家族で観ても、一人で観ても楽しめ、劇場を出るときには清々しい気分にさせてくれる映画なので、どれを観ようか迷っている時には、お勧めの1本でもあります。

ただ、そろそろ公開から2ヶ月近くになりますから、新作に入れ替わる可能性がありますので、未だの方で、「観たい!」と思われた貴方、今週末が勝負かもしれませんよ。。。
こんにちは。

週末の夕刻の時間に気になる番組が放送されています。
とは言っても、打ち合わせがあったりとこの時間帯にゆったりとTVを観れている訳ではありません。
(でも、考えてみると、大抵はジムで観ている様な気もしますが。。)

その番組とは ↓
http://www.tv-asahi.co.jp/mizuiro/ ~水彩物語~

水面に対する「色」の日本語の表現がこれほどまでに多く、端的に表わしていることに映像を見ているだけだけでも感動するものです。

この夏、何枚か撮った写真がありますが、
貴方だったら「どんな色」を感じられますか?

nishi4.JPG
こちらは西沢渓谷。
七つ釜の写真です。
(クリックして拡大してご覧ください。)








紅葉のときとまた違った良さがありますよね。

もう一枚。
nobe4.JPG
野辺山は千ヶ滝の釜の写真。
澄んでいるでしょ。







この「色」を言葉で表わすと・・・・・・。

やはり、ウンウンってうなっちゃいますね、私の場合。。












こんにちは。

今日も気温が上がって、夕方にはスコールのような雨が・・・。
日本がまるで熱帯地域にでもなったようです。


さて、今年の夏休み予定は立たれてますか?

未だの方は、こちらは如何でしょうか?

tri.JPG
←クリックして拡大してご覧ください。







今年は、「横浜トリエンナーレ」の年になります。
      ↓
http://118.151.165.140/

(詳細は上記から)

ちょうど、先週の5日の土曜日から開催された模様。

タイミング悪く、未だ私は出かけてはいないのですが、自分のなかにないアートに出会うというのも、刺激があっていいものだと私は思っています。

 
#カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
#最新コメント
[01/24 さなっち]
[09/01 さなっち]
[07/30 kazz]
#最新トラックバック
#プロフィール
HN:
ガウ兄(にぃ)
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
山梨での「すまい」を日々考えている建築設計事務所です。
事務所を開設してからはや20年あまり。
おかげさまで、いろいろな所にアブラがのって来ました。(笑)
こちらでは、いらないアブラではなく、使える「知恵」をお話していこうと思ってます。

#バーコード
#ブログ内検索
#カウンター
#アクセス解析
#お天気情報
#忍者ポイント広告
#フリーエリア
#フリーエリア
#フリーエリア
#フリーエリア
 
忍者ブログ | [PR]
"ガウ兄(にぃ)" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY INC.